かつら・ウィッグの買替えオーダーメイドなら福岡市博多区のグッドジョブヘアにお気軽にご相談ください。オーダーメイドで10万円台の低価格を実現

自分にはかつら・増毛・育毛・植毛 何れの方法が適しているか分からない

薄毛
初めて「かつら・増毛」の御相談されるようなお客様の場合は、自分に適した方法が何かをまず知りたいと思われるはずです。

グッドジョブヘア 福岡(博多駅店)ではそのような事を踏まえ、最初にじっくりと、カウンセリングを行い、お客様の目的や自毛を活かす事を優先にした御提案を心がけております。

本ページでは、症例別の対処案をケース①~④に分けて、簡単ではございますが解説させて頂いております。

ご自身の現在の毛髪の状況と照らし合わせながら、改善の為の方法選びの参考にされてください。

ケース①
・つむじや生え際の地肌がやや見える
・分け目の線の幅が広がり始めた

かつらを無理に利用されずとも、増毛や育毛を行う事で自然にカバーできる可能性は十分にあります。

増毛を行う場合は、1000本程で地肌が見えなくなります。

但し髪のクセなどによっては、本数は前後する場合がございますので、まずはスタッフカウンセリングをご利用頂けますと幸いです。


ケース②
・つむじや生え際の地肌がハッキリ見える
・分け目の薄毛が進み分け目の線が見え無い

部分かつらを利用しても良いかと思いますが、それ以外の方法で対処されたい場合は、増毛2000本程で対応する事で、地肌が見えなくると思われます。

但し髪のクセなどによっては、本数は前後する場合がございますので、まずはスタッフカウンセリングをご利用頂けますと幸いです。


ケース③
・自毛が産毛のように細くなっている
・地肌が露出している部分が目立つ

増毛は自毛に数本の毛を結ぶため自毛が細く産毛化すると増毛で増やす事がむずかしくなります。

このような場合は、まず増毛をご検討される前に、小さめのかつらでカバー(縦10センチ×横幅10センチ以内)しながら、育毛を組み合わせ、その後に増毛を行うようなアプローチ手段が望ましいと思われます。


ケース④
・薄毛が進行して頭頂部にはほぼ髪がない
・自毛が弱くなり地肌が完全に露出している

ケース③以上の進行状況の場合、増毛でのアプローチはかなり困難になってきます。推奨される方法としましては、大きめのかつらでカバー (縦15センチ×横幅15センチ以上)する事になります。

しかし、かつらを利用される事に抵抗を感じられる方も少なくありませんので、お客様の自肌・自毛の状況をしっかり確認し、最も最適なアプローチ方法を探っていきたいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加    
関連記事